起業するには、アイデアより実行

本サイトはこちら。
DesignOffice Macs    デザインオフィス マックス

※ 営業パートナーさんを募集します ホームページ制作・SEO対策など

***********************************

こんにちは。イソさんです。

起業に必要な資質はアイデアより実行力

起業時に必要な資質は、アイデアも大事ですけど、それより実行力の方が大事ではないかと思っています。

会社などに勤めている当時から、起業したい方たちは、いろんなアイデアを思いつきますよね。
で、それをノートに書き溜めたりして、いよいよな数になってきたと。

ところが、ノートに書き溜めたその案件は、日の目を見ない事には、書いていないのと同じことなんですね。

あなたが亡くなってから、誰かがそのノートを見つけて、「あれっ、このビジネスモデルって〇〇じゃん!」で叫んだところで、所詮それは絵空事で終わってしまいます。

そのビジネスモデルが今をときめく上場企業と同じものであってもそうです。

例えば、そんなことは絶対にないと思いますが、その成功した起業家がそのノートを目撃して、同じ案件での起業で成功したとしても、勝ったのは行動を起こしたその人なんです。

考えるだけなら誰にでもできます。しかし、それをリアルの場に落とし込むのが一番難しいんですね。

頭の中に描いたアイデアを形にするには、いろんな知識やスキル、手間、また資金面など、クリアしなければならない事が山ほどあります。

あるアイデアでの起業に成功した人たちは、そのいろんなクリアしなければいけない課題を一つづつクリアしてきた人。
あるいは、その面倒な事をすっ飛ばして行動を起こして、結果的に成功を掴んだ人たちなんです。

よく掲示板などでも見かけます。あの案件は私が数年前に考えついていたとか、あのアイデアはとっくに私がやっていたとか。

誰がやろうがやらなかろうが、そこは問題ではありません。
実際に行動を起こして、成功した人がその道の第一人者になるのです。

かつてコロンブスがアメリカ大陸を発見した時に、周りの人たちでその偉業を嘲笑したのは有名な話です。
興味のある方は「コロンブスの卵」で検索してみてください。

この事から学ぶべきものは、アイデアや偉業などはとにかく最初に実行に移して成功した人が賞賛されるべきで、頭の中に寝かしたのでは、なんの意味も持たないということです。

起業のチャンスはインターネットによって近くなった

特にインターネットがこれほど普及した現在、かつてのように起業におけるハードルはかなり下がってきています。

ほんの20年前なら、起業しようとアイデアを思いついても、それをどう実行に移したらいいのか、方法の「ほ」の字もわからなかったでしょう。

ところが、今は検索すれば具体的な実践法も出る、もっと詳しい情報が知りたければ、アマゾンで本も選べる時代です。

昔ならせいぜい近所の本屋に行って、「起業」と書いてある本を探して終わり。多分、地方の小さい本屋にはそんな本は売っていませんから、そこでその人のアクションは終わりです。

根性ある人はそこから地元の図書館に行き調べ、そこに無ければ、さらに上の図書館を調べていくでしょう。
それでも大抵の人は、そこで力尽きてしまいます。

そんなものに労力をさくよりも、地道に目の前にある仕事をしようと、日々の生活に戻っていくわけです。

相談するにも、そんな事を相談する相手もいない。仮に相談相手を見つけても、「そんな事言ってないで、明日の仕事に専念しなよ」位なもんで、おしまいでしょう。

ところが、今やネットで探せば、本はある、情報はある、相談相手もいるで、起業するにあたっての行動までのパターンが非常に楽になってきています。

もし、一緒にやるメンバーがいなければ、ネットで探せます。
あなたの熱い想いに同調してくれるかは別にして、第一コンタクトは取れます。

そこから先の真のメンバーになるかどうかは、地域や時間、資金などによって変わってきますが、昔に比べればはるかに楽です。

逆に言えば、これほど起業への時代に恵まれている昨今、ここでアイデアを形にできないなら、今だけじゃなく、今後数十年かかってもずっとできないってことです。

起業するには資金面がまず大事。 夢だけじゃ実現できない

さて、起業にあたっての一番のネックは資金面でしょう。
あなたのその思いついたアイデアは、いくらの資金でリアルに稼働できるのかを考えてください。

数十万、数百万、数千万円かかるのかを、当初は、ざっくりとでいいので、考えてください。
考えたら、その金額の半分、もしくは半分近くを自力で用意してください。

ここで、資金を用意できなければそのアイデアは終わりです。
日の目を見ないで沈んで終わりです。

よく、アイデアさえよければ資金は付いてくると考える方もいるかも知れませんが、甘いです。

何かを実現しようとする時には、必ず資金がいるのです。
資金のいらない何かはあり得ません。

なので、その資金が無い時には、アイデアは実行に移せないのです。

さあ、どうしましょう。あきらめますか。誰かに取られて成功していく様をじっと眺めて、ぼやいて人生を過ごしますか。

この後、どう行動を取るかで、あなたの生き様が見えてきます。
なにがなんでも成功したければ、いや、成功するかわからないけれど、あきらめるのがいやなら、何とかして資金を貯めてください。

半分の資金が貯まったら、しかるべき場所であなたの熱い想いをぶちまけてください。

俺はどうしてもこの事業がやりたい。しかし、半分の資金しか貯まらなかった。誰か俺と同じ志を持ったものがいたら、俺と一緒にやってくれと。

もしあなたのビジネスモデルが秀逸で、成功する確率が高いものなら、その熱い想いに動く人が必ずいます。しかし、その人を動かすには、まず自分で相当な苦労をして資金を用意しないといけないのです。

1円も無いけど、想いだけは熱いんだと。だから動いてくれと。これが通じるのは、お金がなくてもいい学生のうちだけです。

社会に出たらこれは通じません。
なぜなら、資金がなければ何もできない事を、社会人は知っているからです。

起業するにはアイデアより実行力を。まとめてみよう

まとめましょう。

起業するためのアイデアを思いついたら、実行に移しましょう。
実行なきアイデアは、アイデアなしと同じことです。

で、実行に移す前に、まず資金を半分は貯めましょう。

さすれば、そのアイデアは成功への一歩を踏み出せるでしょう。
数年後に輝く未来へ。

 

 

※ 起業に関するご相談をメールにて承ります。無料です。
但し、無料相談は実名と市町村単位のお住まいをお知らせください。
これは相手に対する礼節です。売り込みなどは一切ありませんので、ご安心を。

お問い合わせはこちらまで。

資金がないのでなんとかしてくれ等は、ご遠慮ください。

***************


ホームページ・webからの集客ならお任せ。

お問い合わせは、格安ホームページ制作 SEO対策 YouTube動画なら埼玉県熊谷市のデザインオフィス マックス
TEL 048-580-3253

起業家とは、起業家になるには

DesignOffice Macs デザインオフィス マックス
がお届けするブログ

当事務所では営業パートナーさんを募集しています。

***********************************

こんにちは。イソさんです。

さて、今回のテーマは、「起業家とは、起業家になるには」です。

起業家とは 起業家の定義

起業家って響はいいですね。
単純にカッコいいというか、男なら憧れますよね。

さて、起業家の定義は何でしょう。ググってみました。
Wikipediaからの抜粋です。

起業家(きぎょうか)とは自ら事業を興す(起業)者をいう。通常、ベンチャー企業を開業する者を指す場合が多い。

で、ベンチャー企業をググってみました。
同じく、Wikipediaからの抜粋です。

ベンチャーとは、企業として新規の事業へ取り組むことをいう。このような事業をベンチャービジネスという。

要約すると、新規の事業へ取り組む人たちを総称して起業家と呼ぶ。
こんな感じでしょうか。

起業家の成功確率は? 会社生存率も含めて

新規事業とは何ぞやってな話ですが、新しい事を趣味ではなく、「事業」として始める方達は起業家と呼んでよさそうです。

また、今までにない新規事業のみならず、既存のビジネスでも、バックボーンの何もない世界に飛び込んでいくのなら、起業家と呼んでいいのではないでしょうか。

大海原に航海にいく様を例えたのでしょう。ベンチャー → 冒険ですものね。

さて、この起業家として大海原に旅立った若者。成功確率はどの位なのでしょうか。
こちらもネットで検索するといろいろ出て来ます。

会社の10年後生存率は、6%から73%まで。いやー幅広すぎでしょう。
これらのデータは業種と会社規模によると思われます。

個人事業に気を持った位の規模なら、比較的生き残り確率は高いでしょう。
理由はコストがかからないから。

会社がダメになる大半の理由はコストを払えずにやむなく、といった所が圧倒的でしょう。
規模が大きい会社ほどコストがかかるので、うまく資金が回らなくなると、一気にといったところではないでしょうか。

一方、上記の小さい会社は自宅が事務所だったり、店舗があるんかいなといったビジネスまで含めると、かなりの確率で生き残れると思います。
コストがかからないというのは、売り上げが小さくても資金が回るので、何とかなるんですね。

これから起業しようという方はここら辺も参考にした方がいいと思います。
大きくいくのか、小さくいくのか、それなりにいくのか。

起業にかけるコスト 初期投資と売上高の関係

ある書物によると初期投資が大きければ売上高も大きくなる理論がありました。

初期に1千万かければ、売り上げも1千万狙えると。
100万の初期投資なら、売り上げもそんなものだと。

これも業種によると思いますね。初期投資の比較的大きい飲食店なんかは、この理論も参考になるのではないでしょうか。

一方、頭脳労働といいますか、コンサルとかITなんかのサービス業、在庫をもたない業種なんかは、この理論の適用外ではないかと。

小さい事務所でも大きな売り上げを上げるのが可能な業種は、探せば結構出て来ます。
自分がやりたい事を追求するのが一番ですが、こういったコストがかかりづらい業種を選択して、起業前にそのスキルを磨いていくのも、潰さない会社経営には必要な考えでしょう。

起業時には借金をした方がいいのか

起業家として生きてくのなら、1つや2つの失敗は恐れてはいけません。
ユニクロの柳井さんの本で「一勝九敗」という題名のものがあります。
9回負けても、最後の1勝をすればいいという、考えのものです。

大勝ちするか、小勝ちするかは置いといて、10年後に生き残るためには、失敗を吸収できる範囲での起業がお勧めです。

まあ、銀行や公庫から借りるだけ借りて、逃げ道を作れないようにプレッシャーを掛けて、大勝負を打つというのもありかも知れませんが、相当な勝つ確率がなければやめておいた方が無難でしょう。

この手の大勝負を打つのなら、最悪を想定して、ある程度資金力のあるバックボーンを作ってからが無難です。
もう資金がまわらない、これで最後だ、で勝負を賭けるのは得策ではありません。

経営コンサル大手のマッキンゼー・アンド・カンパニー出身の南場さん(DeNA創業者)でさえ、資金不足でやばい経営状況に陥っています(不格好経営―チームDeNAの挑戦より)。
この時に助けてくれた投資家がいなければ、多分今のDeNAはないでしょう。

経営の助言をするプロ経営者でさえこうなるのです。もちろん、このビジネスが小さければ頭脳でカバーできたでしょう。
しかし、大勝負は頭脳ではどうしようもない、運とかチャンスを掴めたとか、時代の流れとか、いろんな要素で勝ち負けが決まってくるものです。

後ろに大きな投資家が控えてくれていれば勝負できますが、そんな人は一握りの起業家でしょう。

それよりも手持ち資金を残しつつ、借りても最小限、勝負に負けても次の手を打てるような経営が、自分も周りの家族も守るコツではないでしょうか。

起業家になるには

起業家と言うと、大きなビッグビジネスを手がける方たちというイメージをしますが、実のところ、堅い、堅すぎる位の経営者も真の起業家と言えると思っています。

さて、今回のテーマである「起業家とは」 は答えが出ました。

もうひとつのテーマ、「起業家になる」では、答えは簡単です。
「新しい事を事業として始めればいい」です。

起業家の卵たちのみなさん、大海原への航海へ旅立ってください。

***************


ホームページの集客ならお任せ。

お問い合わせは
格安 ホームページ制作 SEO対策 YouTube動画なら埼玉県熊谷市のデザインオフィス マックス
TEL 048-580-3253

起業塾は必要なのか

DesignOffice Macs デザインオフィス マックス
がお届けするブログ

***********************************

こんにちは。イソさんです。

今回のテーマは「起業塾は必要なのか」

世の中には起業塾と呼ばれる類のものはたくさんありますね。
かくいう私もかつてこの起業塾の類に出席したことがあります。

この起業塾は必要なのか?

この問いの答えは…。

起業したいけどまだ業種が決まってないとか、どこから手を付けていいのかわからないって方は、参加して損はないかもです。

一方、起業の業種はすでに確定していて、起業本も数冊読んているという方は必要ないと思われます。但し…。

以下、なぜこの答えが導かれたのかを考察してみましょう。

起業塾の内容とは 体験から

起業塾での内容というのは、各界の著名な講師の方が、登壇して体験や新規事業の立ち上げる際の注意事項なんかを講義してくれます。

今現在それらの内容はと聞かれてもはっきりとは覚えていません。

結構いろんな方に起業塾について聞きますが、内容は概ね同じような感じでしょうか。経理と経営全般の注意事項に時間をさきますね。

行く前に数冊の起業本は読んでいたので、ほとんどの講義は聞いたことのある内容でした。
起業についての本を買えばこの何倍もの量の知識が得られるようなあと思いつつ、眠気と戦いながらの講義出席でした。

本とかネットで起業についての文章を全く読んでない人なんかはいいかも知れませんが、ある程度そういった知識のある方はこれといって…、といった感じでしょうか。

特に「2020年の起業はこれだ」とか、「この業種で君も成功できる」とかいった目がキラキラしたくなるような講義は一切ありません。

受講者の大半はこれから何で起業したらいいのかわからない人たちだと推測しましたけど、どうなんでしょうか。
そういった方たちは、上記のキラキラ講義が期待なんでしょうが、教える側も責任がありますから、「この業種ならバッチリ」的なことは言えないんでしょう。

なので、ひたすら眠かった記憶がありますね。午前中と昼飯を食べての午後からの講義が多かったものですから、なおさらです。

業種の決まっていない、起業しようとは思っているが、何から手をつけたらいいかわからんという方は、一度この手の起業塾系に顔を出しても損はないかも知れません。

しかし、起業の業種も確定済み、起業本も数冊は読破済みということであれば、起業塾は行くだけどうかと思います。

起業塾のメリット 他のメンバーとの関係

ひとつメリットと言えば、起業したい人たちの集まりですから、同好の士と言いましょうか、同じ志を持つもの同士なので、妙な一体感みたいなのはあります。
ただ、名刺交換も何人ともしましたが、今お付き合いのある方は一人もいません。

業種が同じだったり、何かこちらで手伝えるお仕事なら連絡を取ろうとも思うのでしょうが、意外といろんな業種に散らばっていて、IT系あり、ガテン系あり、飲食店ありなど、多岐に渡っていました。

もちろん、あくまでも起業の希望業種ですから、この人たちが果たして今現在、起業したのかは全くもってわかりません。

まあ、経営者は孤独だなんて話をよく聞きますが、この手の起業前や起業したての若手も孤独なんでしょう。
横の繋がりはほとんどないと思います。

あともう一つのメリットとしては起業するしないに関わらず、この手のものは、本を読むとそれだけで満足してしまうことが多いです。

で、満足して行動に移さない。何となくやった気がしてしまう。

この得体の知れない満足感から一歩抜け出すには、この手の起業塾系に顔を出すという行動が、結構その後のその人のアクションに大きく影響すると思います。

起業塾に行くというのも面倒な作業です。お金もかかりますし。
しかし、その面倒なことをやり遂げるってのが、行動を起こすきっかけになるというか、 何事も考えて終わり、本を読んで終わりの癖から抜け出す最初の一歩になると思います。

多分、起業塾へ行くことの最大のメリットは、この事かも知れません。

起業塾での思い出はほとんどないが…。

さて話は戻して、記憶にわずかに残っている事と言えば、起業した時にどの媒体に広告を打ったらいいのかをある先生がおっしゃってましたけど、その通りに打ったら全く手応えなかったですね。

私の広告の手法が悪かったのでしょう。デザインとか文言とかも影響ありますから。
ただ、鵜呑みにしてしまって期待していだだけに残念だった印象は残っています。

起業すると何から何まで全て初めてのことですから、勉強代と割り切って、いろんな事にチャレンジするのもわるくないと思います。

まとめ 起業塾は必要なのかの答え

まとめましょう。

起業塾は必要なのかの問いに、
起業したいけどまだ業種が決まってない、あるいはどこから手を付けていいのかわからない方は、参加して損はないかもです。

一方、起業の業種は確定していて、起業本も数冊読んでいるという方は必要ないと思われます。
ただ、同好の士を見に行きたい、行動を起こすきっかけが欲しいという方なら話は別です。

ご参考までに。

編集後記
本日の埼玉県熊谷市はいい天気でしたねえ。
こんな天気が毎日続けば、外作業は予定通り進みますなあ。
雨も大事ですが、やっぱ晴れた方がいいですよね。

***************


ホームページの集客ならお任せ。

お問い合わせは
格安 ホームページ制作 SEO対策 YouTube動画なら埼玉県熊谷市のデザインオフィス マックス
TEL 048-580-3253

起業でインターネットを最大限活用するのに必要なものとは

DesignOffice Macs デザインオフィス マックス
がお届けするブログ

**************

こんにちは。イソさんです。

インターネットを使った起業での武器

起業するにあたって、今の時代はインターネット・webを最大限利用していかないとダメですね。
ネットを使わない起業は考えられないでしょう。

では、そのネットを使った起業での武器になるものとは何でしょうか。

まず第一にあげられるのは、インターネット・webをいじるのが好きかどうか。
非常に抽象的な意見ですが、ネットにアクセスして何かするのが好きかどうかってのは、意外と重要です。

SNSが好きだとか、ネットサーフィンが好きだとか、一番いいのはプログラミングが好きだとかがあれば、それは確実に起業に生きてきます。

ネットに弱い起業家はどうするか

逆に言えば、ネット・webがあまり好きではないとか、ほとんどネットに触れた生活をしていないという方は、ネットに強い仲間を作ってください。
起業家本人が強くなくても、周りにネットに強い人を置けば問題ないでしょう。

いやいや、俺はネット・webに疎いし、そんなもん利用しなくても大丈夫だという方。
業種を選んでください。
ネットに疎くても、ある程度いける業種ってのもあります。
そんな業種で起業するのなら、ネット無理もありでしょう。

でもその業種が5年後、10年後もネットなしで生き残っていける業種かはわかりません。
今は大丈夫でも、数年後にはネットなしでやっていくのは、まず無理業種になっているかもです。

情報が溢れている今、ネットで勝てるとわかると、上記のネット要らない業種でも、一気にネット・webが蔓延していきます。
そこに取り残されないようにしていかないと、時代についていけないでしょう。

パソコンが苦手だからとか、キーボードが苦手ってのは問題ないです。
スマホでもタブレットでもいいから、ネット・webに繋げて何かをすることに苦じゃない資質が大事ってことです。

起業家がネットを最大限に活用するのに必要なもの

そして、そのネットを最大限に活用するのに必要なものが、次のこれです。
「書く力」。

ネットを味方に付けたい場合、「書く力」ってのは非常に強い武器になります。

インターネットというのは、文字ベースて成り立っている世界です。
もちろん、画像やら動画やら音楽やら、いろいろなものが混ざり合っているのですが、基本は文字ベースで動いています。

その文字を自在に操れる能力ってのは、今の時代の起業にはとても強い資質になります。

代表的なものは、ブログやホームページへの文章。
画像もありきのこの世界ですが、文章が中心となって画像やら動画やらを組み上げていく技術です。
文章のないサイト作成ってのは考えられないでしょう。

ホームページを制作してからブログで情報発信していく。
この時のブログの質、キーワードなどがSEO的に非常に大きな要因になります。

SNSも然り。画像中心のInstagram インスタグラムでさえ、文字の入力欄はありますし、ハッシュタグで単語を付けて、そのワードで検索をかけてもらうという、書く力をある程度は要求されます。

画像のみでハッシュタグなしでは、AIがだいぶ画像認識をできるようになったとはいえ、まず誰にも見られずに流れていってしまうでしょう。

ツイッターなんぞは書く代表SNSです。
140文字という字数制限はありますが、その気になれば別コメントで繋げることもできるし、とにかく書いてなんぼの世界です。

Facebook フェイスブックもそうでしょう。
書いて、画像や動画貼って、近況を報告したり、新規入荷のお知らせをしたり。
文字でどう表現するかが大事なSNSです。

このようにインターネットの世界では文字を書く力ってのは、とっても大事な武器になるんです。

起業家がネットでの書く力を磨くのにはどうすればよいか

さて、ではこの書く力を磨くのにはどうすればよいでしょうか。

一番の答えは、とにかく書くってことです。
話は逸れますが、結構有名な漫画家で、単行本何十巻も出している大御所の方でさえ、その漫画の初回作を読んでみると、あれれってな絵柄だったりします。

当初はいわゆる下手でも、描いているうちに徐々に今の作風に落ち着いてくるというか、要は上手くなってくるんですね。

書く力も同じことです。
有名なブロガーと言われている方たちの初回作を読んでみてください。

はあ、そうですか。ってな感じです。
へー、それで。ってな感じです。

初回からグイグイ人を惹きつける文章を書ける人なんか、そうはいないってことです。
ただ、彼ら彼女らに言えるのは、文章を書くのがあまり苦にならない資質は持ってるってことでしょう。

いや、書いているうちに好きになったのかも知れません。
最初は何となく、暇つぶしとか、他にやることもないので仕方かく、とかいった動機かも知れません。
しかし、書いているうちに好きになったり、上手くなったりしてきたとも考えられます。

とにかく、書いて力を付ける以外に方法はないですよね。

小説系の教室なんかに入るのもありかと思いますが、まずは書かせられるでしょう。
教室に入って、先生の話だけ聞いて、もの書きが上手くなるとはとても思いません。

先生の意見を参考にして、とにかく書く。ここから上達の一歩が始まるのではないでしょうか。

練習なんですから、書いてパソコンにしまっておくのもありでしょう。
自分の書いたものを世に出す必要がなければ、出さなくてもいいんです。

ただ、ビジネスとして、起業して利益を出すのなら、書いて書いて書きまくって、書く力を身につけたら、その文章をどんどんネット上にあげていきましょう。

さすれば必ず誰かの目に止まり、起業したばかりのあなたに、何らかのアクションを起こしてくれるかも知れません。

宝くじは買わないと当たらないように、インターネットの世界では書かないと当たらないです。(書いても当たらないことも多々あるが(笑)

起業でネットを最大限活用するのに必要なもの まとめ

はい、まとめましょう。
起業でネットを最大限活用するには、

まずネットを利用するのを好きになる。
で次に、書く力を身につける。

ネットとか書くとかが苦手なら、
それらを得意な人を周りにつける。

すると起業してから、インターネットを最大限活用できるでしょう。

******************


ホームページの集客ならお任せ。

お問い合わせは
格安 ホームページ制作 SEO対策 YouTube動画なら埼玉県熊谷市のデザインオフィス マックス
TEL 048-580-3253

ビジネスは単純 マーケティングが大事

本サイトはこちら。
DesignOffice Macs デザインオフィス マックス

**********************************

こんにちは。イソさんです。

ビジネスにおけるマーケティングの重要性

さて、今回のテーマは「ビジネスは単純 マーケティングが大事」です。

何をわかりきった事言ってるんだというご意見が聞こえてきそうですが、以下、考察してみましょう。

まず、わかりやすいのは需要と供給。
ある人に必要なものを適切な値段で届けるのがビジネス・商売の基本ではないかと。

例えば、腹がペコペコの人に、おにぎり1個500円で買いますかと問います。
近所にお店もなく他に食べる手段がなかったら、この人の懐具合にもよりますが、ある程度金銭持ってる人なら、この高額なおにぎりを買うでしょう。

一方おなか一杯。もう食べれませんという人に、おにぎり10円ですけど、買いますかと問います。
タダでも要らんと言われるでしょう。

これがビジネス・商売の基本だと思っています。

もちろん、新しい需要をというのもあります。
例えば、google。
検索広告という今までになかったジャンルに進出した彼らの事業は、飛ぶ鳥を落とす勢いです。
知りたい情報をウチのサイトで調べてね。その代わりに広告が周りに出ますよと。
この単純な仕組みが売上高いくらかいなって位のビッグビジネスになっているのはご存知ですよね。

それでも、仕組みはシンプルです。なにも難しいことをやっている訳ではないです。

適切な商売で適切な宣伝をすれば、必要なら勝手に伸びていくもんです。

いやー、ウチは四苦八苦してるけど、一向に売り上げが上がらんぜ。
そんな方も多いでしょう。
もし、その方が適切な宣伝活動をしているの前提で、
ここ重要なのでもう一度言います。

「適切な宣伝活動をしている」の前提で、

それでも売り上げが上がらないとしたら。

そんな方の事業は既に旬が過ぎているか、値段に対するサービスが釣り合っていないか、競合との戦いに負けているかと解釈できます。

1個ずついきましょう。

ビジネスにおいて売り上げが上がらない理由

・事業の旬が過ぎている。
どんな事業にも旬があります。時代の流れと言いましょうか。
この旬の過ぎたものは淘汰されていきます。

天下のgoogleも、いつか新しいビジネスモデルができたら…。
まあ、しかし彼らは超優秀ですから、違うビジネスモデルを打ち立てるでしょう。

・値段に対するサービスが釣り合っていない。
高くて美味いならともかく、この味でこの値段はどうなのと。
値段とのバランスは言わずもがなです。

・競合との戦いに負けている
これは結構重要です。
ほとんどの商売はこれで終焉を迎えていきます。
どんな商売でも競合さえいなければ、天下をとったようなもの。
何を売ってもライバルがいないのだから、注文が絶えません。

また、どんな商売も儲かりそうなものは、必ず競合が出てきます。
大資本を持った巨大企業が進出したら、イチコロです。

商売のうまくいっていない所は、周りをよく見て、勝てそうな相手なら戦いを挑めばいいし、負けそうなら傷の浅いうち(コストかける前)に撤退し、事業転換するのも得策です。
↑ここも重要です。傷の浅いうちなら事業転換で次の未来が開けるかも知れない。
経営者の英断が問われるところですね。
(富士フィルムなんか有名ですなあ)

さて、ここで最初に戻りますが、
上記全ては、ある事が前提に成り立っています。

そう、「適切な宣伝活動をしている」のかと。

そのビジネス・商売はきちんと宣伝活動していますか

商売の素人さんや、長く商売やっている人たちでも意外と陥りやすいのが、この宣伝活動をないがしろにしている点。
「ウチはこんだけ旨いんだから、ほっとけば、客が宣伝してくれるんじゃい」
今では見かけなくなった、頑固親父のラーメン屋のイメージでしょうか。

西暦2000年前なら成り立った理論です。
ネットがまだ完全に普及していない時代なら、それもありでしょう。

それはなぜか。
他の店も宣伝をしてないからです。

でも、今は違いますね。宣伝が第一。宣伝を制するものが商売を制すると言っても過言ではないでしょう。

あのユニクロでさえ、あの大企業でさえ、毎週地方の新聞へ紙のチラシを入れています。
誰でも知っている有名ブランドでも、年間何億円という予算を掛けて、テレビCMを打ちます。なぜでしょう。

そう、彼らは宣伝の重要性を最も知っている人たちだからです。
宣伝した結果、例えば国民1億2千万人全てが知っているサービスを
適切な値段で提供して、それでも売れなかったら、それは撤退した方がいい。

知っているのに買わない。それは必要ないからです。
必要のないものは売れない。当然ですね。

彼らはそれを知っているので、多くの人に自分のところのサービス名を届けようとする。

いやー、そんな大企業を持ち出されても。
そんな意見も聞こえてきます。

しかし、地方の中小企業や商店でもそれなりの宣伝方法はあります。
お金を掛けずに労力を掛けて宣伝するのです。

それを散々して、それでも売り上げが上がらなければ、上記3つのどれかですから、
後は経営者の判断に任せましょう。

無料での宣伝方法、まずはこれ

さて、無料での宣伝方法。一つはホームページ。
持ってますか、ホームページ。

「いやーネットにうとくてさあ。パソコン苦手なんだよ」
パソコン得意な人を雇ってください。あるいは、得意な外注先を見つけてください。

「いやー金がかかるからさ、ホームページ持つの」
無料で作れますから。ネットで検索すれば出てきます。無料のやつを作ってください。
但し、無料のやつでお金儲けはできません。あしからずです。

「いやー時間がないんだよ。面倒だし」
そのためにホームページ制作の業者がいます。彼らを利用してください。

「いやープロに頼むの金がかるしさー」
格安のところを探しましょう。

「いやー安くてもお金出したくないんだよ。1円も」
無料のやつを作成してください。お金儲けはできませんが(しつこい)。

「いやー面倒でさあ」
そんな商売やめちまえ!!

こんな感じでしょうか。
宣伝を甘くみている人たちは淘汰されていきます。

もちろん、細々でいいから今のままでいい。
こんな商売もあっていいと思います。
仕事に終われるのはいや、自分のペースでのんびりと商売がしたい。
そんな意見も賛成です。
そんな方は、このブログ、読み飛ばしてください。

ところが今より売り上げ伸ばしたい。もっと集客したい。
そんな方は、このブログをよく読んでみてください。

ホームページは、まずは無料で作成してみる。作れそうにないとか面倒なら、我々のようなホームページ制作の業者に頼んでみる。

で、作成してからが重要です。作ったら終わりじゃない。そこからが勝負です。
SEOをかけて、いかに集客していくか、ホームページのみならず、ネットの力を最大限活用して、なるべくコストを掛けずに集客していく。

これらの手法が、インターネット時代を生き抜いていく方法論のひとつになると思っています。

少し、宣伝です。
ウチではその方法も合わせてお教えいたします。
ホームページを持っていない所、WEBでの宣伝なんかほとんどしてないですって所。大歓迎です。
インターネットの力のすごさを実感できます。
売り上げが変わっていくのを目の当たりにするでしょう。

えー、本当かいなって思うでしょう。
無理もないです。インターネットのパワーを知らないのですから。
びっくりすると思います。検索で引っかかるってのは、いかに集客に影響するのかを体感してください。

既にネットに進出しているが、どうもイマイチ。SEOって何って方。
連絡ください。ネット周りの宣伝方法を見て改善点があれば、アドバイスします。
無ければ、ネットでの宣伝活動はバッチリってこと。
後は、紙媒体なり、ポスティングなりを検討してみてください。

気になる方は我々プロのホームページ制作事務所に「お問い合わせ」から連絡ください。

 

編集後記
本日の埼玉県熊谷市内は蒸し暑い夏のような天気。
晴れたり曇ったりだけど、湿度が高いですねえ。
熊谷特有の天気ちゃあ天気です。

****************

 


お問い合わせ
格安 ホームページ制作 SEO対策 YouTube動画なら埼玉県熊谷市のデザインオフィス マックス
TEL 048-580-3253

起業のすすめ。フランチャイズ FCのメリット

本サイトはこちら。
DesignOffice Macs デザインオフィス マックス

***********************************

こんにちは。マックスのイソさんです。

フランチャイズで起業するのはどう

さて、フランチャイズに加盟するとか、あるいは本部をやるとか、
FCに関してはいろいろな施策があると思います。

加盟側に立てば、本部の看板を使って短期間で集客に成功するでしょう。
本部側はそれこそいろんなパターンを試して、こうすれば儲かるという方程式を作っています。
それを有料で販売してくれる訳だから、本部選びにさえ間違わなければ、成功へ一歩近づいたも同然です。

0から商売を始めた人にはわかるでしょうけど、その商売が軌道に乗るにはとてつもない労力が要ります。
その労力をカットして最短距離で始められるのだからメリットは大きいですね。

ただ、何事にも旬はあります。旬を過ぎたFCに加盟するのはリスクが大きくなるでしょう。
特にエリアの問題。
FCの加盟者が少ない時には、好きな地区で加盟できるでしょうが、ある程度行き渡った後での加盟だと、エリア近くでの競合戦になってしまいます。

コンビニを見ればおわかりですが、あれだけライバル店がひしめきあってると、なかなか大儲けというのは難しいのではないでしょうか。

フランチャイズ本部の経営はどうだろうか

一方、本部をやるのにもメリットは大きいです。
直営で儲かっているのならFC化は要らない説もあるが、私はこれには反対です。
店の規模によるが、直営1店舗にかかる資金を次から次へと出せるところはそうはないでしょう。

店の借り賃、改装費用、事務所の備品、webサイトを作成して、SNS始めて、場合によってはyoutubeなどへの動画も制作します。
それなりの費用がかかります。

FCなら新規店舗の費用は加盟者側が支払うので、一気に全国展開できます。
要は全国展開のスピードが桁違いに早いんですね。

よくFCで全国100店舗ありますなどと聞く。
FCなら数年で達成可能。
これを直営でやるとなったら、果たして何十年かかるのでしょうか。

もうかる商売はFCが一番手っ取り早い。但し、どこに加盟するかは慎重に検討した方がよろしいかと。
FC参加は起業の選択肢の一つになるでしょう。

 

編集後記
今回はフランチャイズについて一考してみましょうかと。
フランチャイズはいいですよねえ。起業にはもってこいかと思っているのですが、どうでしょう。

ここ埼玉県熊谷市内でもフランチャイズ店舗は多いですよねえ。
国道沿いは数十メートルおきに見かけたりもします。
手取り早く起動に乗せるには、一番の選択なんでしょう。

*************


お問い合わせ
格安 ホームページ制作 SEO対策 YouTube動画なら埼玉県熊谷市のデザインオフィス マックス
TEL 048-580-3253

起業入門その1

本サイトはこちら。
DesignOffice Macs    デザインオフィス マックス

**********************************

こんにちは。イソさんです。

起業するなら好きなことで

起業してみたい人は多いでしょうか。
勤めてた方がいいよって人も多いでしょう。

どちらも経験してきた私から一言言わせてもらうと、
「商売(起業)は面白い」ってのが実感です。

ここでは起業の入門編として、どんな職種がいいのかを考察してみましょう。

まず、起業って聞くと一部の人しかできないようなイメージがありますが、そんなだいそれたもんじゃなく、
「自分の好きなことを商売にしちゃう」って感じでいいんじゃないでしょうか。

人それぞれ好きなことってありますよね。
例えば、絵を描くとか、歌を歌うとか、ゴルフ、サッカー、野球、車、バイクなどなど。
そんな好きなことを商売にしちゃうってのはどうでしょう。

当然、初めのうちは、勤め人より収入は下がるでしょう。
あたりまえです。
金なし、コネなし、知名度なしで始めるわけですから、売り上げなんか立つ見込みはありません。

そこで起業をあきらめるか、やりきるか。
人それぞれですね。

自分の好きなことで食っていくにはどうすればいいか。
頭をフルに使って考えてみましょう。

起業する前の準備〜起業した当初

初期投資はどんだけ要るのか、設備、材料、技術はどうするのか。
自分の好きなことなんですから、考えればいくらでもアイデアは出てくるはずです。

なるべくコストをかけないでいくにはどうすればいいのか、とか。
勤めで、そこそこ資金を貯めたので、これにプラスして借金して、いわゆるレバレッジ効かせて勝負するのか。

ここら辺は起業する方の性格が出るところです。

いくらの投資でいくらのリターンを得られるのか。
まあ、ちょっとしたギャンブルですよね。

多分、自分で商売やっている自営業の人は、開業当初はギャンブルやらないはずです。
なぜかって。
商売自体がギャンブルだからです。
(開業数年たつと、やる人も多し)

身銭切って、貯金がみるみる減っていきます。
今までコツコツ貯めてきた数百万なんて、すぐになくなります。
このまんまじゃ、手持ちのお金を使い果たすよーと。

でも踏ん張って商売続けてると、少しづつ売り上げが立ってきます。
損益分岐点をいつ超えるのかと。
ちょっとづつ黒字に近づいていきます。

ここをどう捉えるか。

赤字が続いて、ちーとも売り上げが立たないと。
自分の予測を裏切って、問い合わせの電話すら1本もないと。

さてどうしましょう。

商売は実学って言葉もありますが、まさにそれ。
自分の練りに練った予測の数値が全く反応しないんです。

なるほどーと。そうきましたかと。
それじゃあ、戦略変更しましょうと。

起業してから戦略を変更してみることも

ここでまた、頭をフル回転させて、どう戦略を変更していくのかを考えるんですね。
最高です。
こんな楽しいことありません。

そのためには、ひとつアドバイスです。

レバレッジ効かせて大勝負を打つか。
予測が失敗するのを予測して、次の勝負資金を残すのか。

全ての判断は経営者であるあなた次第です。

ハイリスク、ハイリターンもあり。
ローリスク、ローリターンもあり。
商売どっちを取るか。

全てはあなた次第。

ちなみに製造業での起業はハイリスク、ハイリターン。
Apple、トヨタ自動車、パナソニック〜。
製造業は、当たればでっかいですぞよ。

でも、間違えると…。

ちなみに当方は後者パターン。
最初の1勝を狙うより、10戦してラストに1勝を狙うタイプです。

この勝ちが大勝ちか、小勝ちかは、誰にも予測できません。

ここが難しくもあり、楽しくもありと言われる所以です。

最終的には、身銭切って、商売道に入れるかどうか。
それだけの話です。

結局、起業は好きなことで

もうひとつアドバイス。
どうせやるのなら、自分の好きなことの方がいいです。
好きなことは知識もあるし、やる気もある。
その結果、失敗しても勉強代です。
学校行って授業料払ったと思えばいい。

大学私立行って4年通えば、1本は飛ぶでしょう。
そう考えれば実学の商売やって1本飛んでも、大学で学んだ以上の経験値を習得できます。

さあ、起業しましょう。

 

編集後記
GWに突入したここ埼玉県熊谷市内は暑い日も多くなってきました。
Tシャツ1枚で過ごせる日もありますもんねえ。
日本一暑い街 熊谷はビジネスも「あつい」街にしたいですねえ。

*************


お問い合わせ
格安 ホームページ制作 SEO対策 YouTube動画なら埼玉県熊谷市のデザインオフィス マックス
TEL 048-580-3253

起業するならホームページを作成した方がいいのか

本サイトはこちら。
DesignOffice Macs デザインオフィス マックス
***********************************

こんにちは。イソさんです。

起業するならホームページ作成しときますか、しないですか

これから起業しようと思っている方やすでに起業している方で、ホームページをまだ制作してないお店、業者さんもまだまだ多いでしょう。

作成するのが面倒だったり、作っても集客に関係ないんじゃないかなと思っていたり。
はたまた、かつては作成してみたものの、ほとんどネットからの集客がないので、止めちゃったり。

いろんな理由があって、作成してないところがあるかと思います。 ひとつ言えるのは、ちょっと前と今は事情が違うってこと。
スマホ全盛の今の時代、ホームページがない、あるいは今後も制作する予定がないってのは非常に厳しいです。

ホームページの作成がビジネスに必要な理由 SNSと比べて

お客様は利用したいお店やサービスがあった際に、まずスマホでチェックします。
場所や雰囲気、営業時間、やっている曜日、料金などをザッと調べてから行きたいんですね。

ここで、検索しても出てこないと、アレっと思う。
今日はやってるのかなとか、もう店自体を閉めちゃったのではないのかなあと。
せっかくの見込客を逃してしまうんですね。
これは非常にもったいないです。

ツイッター、フェイスブックやってるから大丈夫という意見もあり。
確かにやらないよりは、やった方がいいです。 しかし、ツイッターやフェイスブックてのはSNSってやつで、相互コミュニケーションには 特化していても、特定の情報をダイレクトに伝えたいというところでは弱いんですね。

例えば、お店の場所、営業時間、どんなサービスがあるのか、料金、電話番号等々、 初期情報をお客様に与えるのに、ホームページは非常に有効なんです。

それと一番の問題は「信用」。
ホームページがないとそれだけで信用面できついでしょう。
ネットがこれだけ普及している今、ホームページのないお店やサービスは、大丈夫なのかと思ってしまう。

わかりやすく言えば、電話と同じレベルと思ってください。
電話のない商売は考えられないでしょう。
ネットに店の名前が出てこない商売は、今の時代非常に厳しいです。

スマホ世代にはSNSとホームページの制作が必須

40代以上の方はそんなことはないと思っていても、10代〜30代のスマホ世代の人たちは、 生まれてから今までずっとインターネットの世界と一緒に生きているのです。

ネットがあるのが普通、と思っている世代です。
これらの人たちがやがて中年になり、経済を支えていく世代なんです。
ここの層に訴えていかないと、そのビジネスの未来は厳しいでしょう。

まずホームページでお店やサービスの初期情報を知ってもらう。
で、それからツイッターやフェイスブックで近況を発信していく。
こんな使い方がネット全盛の今を切り盛りしていくコツです。

もちろん、ホームページは検索に引っかかるように、更新作業やSEOも大事なんですが、 検索に引っかかる云々は、新規の流動客を取り込みたい時の話。
すでにお店や会社の名前を知っているお客様の場合は、検索窓に直接、店の名前を入れて検索してきます。
その時にお目当のホームページがないと、お客様はとまどいますね。
結果として、そのお客様は他の店やサービスを利用することになります。 もったいないですね。

ホームページがないなら自分で作成するのもあり。しかし…SEOも忘れずに

今は自力でホームページを作成できるサービスもあるので、パソコン操作が得意な方は、ご自分で制作してみてはいかがでしょうか。

で、どうしても面倒だったり、パソコンが苦手な方や、ちょっとオシャレなサイトにしたいとか、スマホ対応にしたいって場合は、 ウチのような専門業者に頼めばいいんじゃないでしょうか。

また、これは一番大事な事ですが、ホームページは作成して終わりではありません。
作ってから検索に引っかかるようにするのが一番大事。
そのためにはSEOと呼ばれる検索サイト最適化をしないといけません。

星の数ほどあるホームページからあなたのサイトを見つけてもらうには、まずは検索で上位表示されるようにすること。

SEOは素人の方にはなかなかできない芸当ですので、専門業者にやってもらった方がいいです。
うまくSEOが効いてくれば、投下資金はすぐに回収できますから。

ちなみにウチでも格安でSEO対策しています。→ デザインオフィスマックスの格安SEO対策、無料SEO診断チェックはこちら。

そして一度ホームページを作成してしまえば、そこから先はツイッターやフェイスブックで情報発信すれば大丈夫です。 SNSはスマホ対応してますから、十分スマホで閲覧できます。

まず自分とこのホームページを制作する。そして、SEOで検索サイトの上位に表示されるようにする。
で、SNSで近況を発信していく。
この方法がネット時代の今を、「商売人」が生き抜いていくコツです。

 

編集後記
ここ埼玉県熊谷市内外も春めいてきまして、桜の季節が近くなってきました。
荒川沿いの桜は有名ですよね。
菜の花とのマッチングが、また色合いを一層引き立てます。

**************


お問い合わせ
格安 ホームページ制作 YouTube動画なら埼玉県熊谷市のデザインオフィス マックス
TEL 048-580-3253